パートナーの浮気のきっかけ

パートナーが浮気をするきっかけ

相思相愛だと思っていたパートナーが実は浮気をしていた!
なんてことになったらショックですよね?
いったいどうして浮気をされてしまったのか、きっかけは何だったのか、当然気になるところだと思います。
思い当たる節があるという人もいるでしょうが、中にはつい見落としがちな意外な浮気のきっかけもあったりします。
どんなことが浮気のきっかけになり得るのかを知れば、パートナーの浮気を未然に防ぐことに役立つかもしれません。
さっそく、パートナーが浮気をするきっかけにどんなものがあるのか、みていきましょう。

 

1.時間のすれ違い

 

自分が会いたいときに会えない、相手が会いたいときに合わせられない、そんなことが繰り返される中で、会えないことよりも「なぜ合わせてくれないのか」という相手への不満が高まっていきます。

 

愛しているから一緒にいる時間が欲しいと思っていたはずなのに、相手への不満を募らせることが多くなり、結果、嫌気がさしたり疲れたりすることになります。会うことができず電話で話すことがあったとしても、話せば不満を言われるようでは、忙しい時間を縫って連絡しようとも思わなくなるのは当然ですよね。

 

本当はさみしさを伝えたかっただけなのに、結果的に気持ちが離れるきっかけになりかねません。

 

2.職場仲間

 

同じ目標や目的をもって活動する仲間はやはり精神的な面でも距離が近くなります。

 

また、時間的な面でも、短時間でも会う回数が増えれば増えるほど、親近感がわくものです。
ショートコンタクトの積み重ねはとても効果があるものです。

 

3.歳の差

 

パートナーとの歳の差がある場合でも、好き同士のふたりなら日常の中でお互い歳の差を意識することは特別ないかもしれません。
しかし、ちょっとした会話の中で、やはり同年代同士の方が盛り上がることは多々あるものです。

 

例えば、昔流行っていたことや年齢的な悩みなどです。

 

話の共通点が増えると自然と距離も近くなるのは当然のこと。
歳の差はふたりの仲だけでは問題なくても、その外での人間関係の中で「同年代の方がいいな」と思うことがあると、ふたりの関係を壊すきっかけになりうるのです。

 

4.習い事

 

仕事や家事・育児の息抜きとして、趣味として、時間を取っている習い事は、大半は毎日取り組むわけではありません。
週に1〜2回教室へ通ったりするのが通常です。そのような場で知り合う人とは毎日顔を会わせるわけではないので、適度な距離感が保たれ心地よい関係だと感じることも多いでしょう。
また、共通の趣味がすでにある状況で出会うわけですから、距離が近くなるのも自然と早くなります。
趣味の場が楽しい、その場にいる人に会うのが楽しみ、そういった環境が浮気のきっかけになることもあります。

 

 

パートナーが浮気をするきっかけを簡単にですがご紹介しました。
あなたとあなたのパートナーの関係性に当てはまるものはなかったでしょうか?
もし心当たりがあるという人は、その状況を改善するように試みてみてはいかがでしょうか。

 

 

関連リンク